NKEHA(ンケハ)|派遣薬剤師ブログ

派遣薬剤師による薬剤師の働き方のためのサイト

【転職失敗談】薬剤師が副業を始める前に絶対にやってはいけない「時間を無駄にする」時短勤務

【失敗談】絶対にやってはいけないあなたの貴重な「時間を無駄にする」時短勤務

時短勤務の注意点

薬剤師の副業の前に

・時間を有効活用できなかった。
・給料下がり、マイナスへ。
・遅番より朝番シフトで勤務する。

ーーーーーーーーーーーーー

正社員だけのお給料では、将来が不安。

 

とはいえ、「副業を始めたいけどそんな時間なんてないしどうしたらいいのか?」という疑問があると思います。

 

その答えは、「時間の確保」になる。

 

しかし、この時間の確保で私は一度失敗して貴重な時間を失ってしまった

 

この経験をあなたにもさせたくないので、是非、最後まで見て欲しい。

ーーーーーーーーーーーーー

 

結論、午後からの時短勤務はおすすめしない

 

正社員のみの収入源だと、この先が不安。

 

だから、副業を始めたい!

 

と決心されたあなたに、真似して欲しくない働き方を紹介させていただきます。

 

折角の貴重なあなたの時間を無駄にすることの無いように、最後まで見て学んで下さい!

 

 

時短勤務の注意点

副業や自分のやりたかったことで1番大事なのは、「時間の確保」です。

 

もし、正社員のときにこの「時間の確保」が出来ないのであれば、働き方を見直す必要があります。

 

例えば、正社員からパートになること。

 

と、簡単に言ってますが、越えなけれならない壁が大きいのも事実。

 

しかし、正当な理由があるなら問題なくクリアはできます。

 

【ブログ】現役派遣薬剤師が男性の「パート薬剤師」という働き方のメリットとデメリットを考察 - NKEHA(ンケハ)|派遣薬剤師ブログ

 

次に週40時間以下でも、正社員扱いする薬局に転職する方法。

 

【短時間正社員】正社員の働き方は週40時間勤務とは限らない|調剤薬局の時短 - NKEHA(ンケハ)|派遣薬剤師ブログ

 

これなら、正社員の恩恵を受けつつ、時間の確保ができるのでおすすめしてます。

 

また、「週休3日」で募集してる薬局に転職する方法もある。

 

この場合、1日の勤務時間が長くなる代わりに、休日を3日確保できます。

 

最後に派遣薬剤師に転職する方法。

 

副業をするなら、派遣薬剤師が有利になります。

 

その理由は、所属が薬局ではなくて「派遣会社(薬キャリ) 」になるからです。

 

今だに、副業を禁止してる薬局が多くみられるため、副業が始めにくいと思います。

 

その点、私が利用してる派遣会社の「薬キャリ 」だと特に制限ないようなので重宝してる。

 

せっかく、稼ぎ始めたのに薬局にバレたりして面倒なことなりたくないはずです。

 

【派遣薬剤師解説】髪型・色でおしゃれを楽しみたい薬剤師は、中小規模薬局に転職しよう - NKEHA(ンケハ)|派遣薬剤師ブログ

 

時間を無駄にする。

転職などで「時間の確保」をする前に知って欲しいことがあります。

 

それは、時間帯に注意して欲しいということです。

 

私が実際にやってしまったのは、「遅番勤務」の働き方。

 

具体的には、平日の週3日を14:30から19:30までの勤務で13:00までにお昼ご飯を食べて、仕度し13:30に出勤する流れ。

 

理想とすれば、作業時間を4時間ほどとれるばずで十分でした。

 

しかし、現実は情けなく怠惰な状態でした。

 

その結果、時短勤務以前に比べ、そんなに「ブログ」や「You Tube」への投稿など成果が得られず。

 

ただ、以前より勤務時間を短くしたため、月収が下がっただけの無駄な時間を過ごしてしまいました。

 

午後からの出勤のことを考えると、そんなに力を使いたくない。

 

無気力になり、You Tubeを見てしまう等など。

 

その後どうしたか?

 

結局、経営者との交渉の末、労働時間を8時間に変更させていただいた。

 

なので、このような失敗は後に繋げる経験としては必要かもしれないです。

 

自分の性格や特性を理解されたうえで、時短勤務を考えて欲しい。

 

多分、私の場合、早番でも帰ってきて作業できるかどうか怪しいと思う(笑)

 

【必見!】管理薬剤師としての立場のない薬局から即転職|責任と副業禁止のデメリット - NKEHA(ンケハ)|派遣薬剤師ブログ

 

まとめ

・副業ややりたいことをしたいなら、まずは「時間の確保」すること。

・時短勤務は、性格や特性に合わせて考えるべき。

・遅番より「朝番」シフトで勤務する。

 

でした(*'▽')


この記事があなたのこれからの働き方ヒントになれば幸いです。

この記事を書いた人

派遣薬剤師|病気になってから後悔される方が大勢いるのに気づく|健康の内からできる疾病予防に努める。


YouTube: https://www.youtube.com/channel/UC7YblIlzCdk7Bi-2a0evSzA/

■note: http://note.com/saitorio03で健康情報を発信中

Twitter:さいとりお|汗かき薬剤師さん (@saitorio3) / Twitter

■twitch: https://www.twitch.tv/saitorio ゲーム配信

■noteサークル: https://note.com/saitorio03/circle/boards/f2db2732deb3/posts/5415db49f31c